2008年05月09日

Yahoo!がだめならFacebookがあるさ


Microsoftの経営判断はどうだったのか知る由もないが、インターネット時代におけるマイクロソフトのプレゼンスを早急に高めるためにはお金をどれだけ使っても構わないと考えているようだ。 Yahoo!がだめなら、どこか別の企業はないかなあと言いながら買い物をしていたわけではないと思うが、昔から目を付けていたFacebookに白羽の矢を立てるつもりのようだ。

昨日のポストでうわさレベルのものだと報告したが、もしかすると現実になるかもしれない。

マイクロソフトが欲しいのはインターネット広告のビジネスを推進できる会社である。そういいう意味ではSNSのFacebookを傘下におさめるのは正しい経営戦略だと思う。しかも、これからは単なる広告ではなく、ソーシャルグラフをベースとした人と人との関係を重視する広告が主流になると仮定すると、Yahoo!よりもFacebookを買収することの方が意義がある。そういえば、Yahoo!もSNSを持ってたような気がするけど、全然ぱっとしない(サービス名も忘れた)。もっと余計なことを言うと、グーグルもorkutというSNSを持っているけど、使われている地域が想定していた場所よりも小さい。

もし、マイクロソフトがFacebookの買収に成功したら、グーグルと真っ向から環境が整う。そうすると今度はYahoo!の立場が微妙になる。Yahoo!は早まったことをしたのだろうか。買収提案を受け入れた方がよかったのだろうか。

こういうことは歴史が決めることと相場が決まっている。ビル・ゲイツ氏がMicrosoftを引退するまでもう時間がない。それまでに決着を付ける可能性は大いにある。


◎[WSJ] MicrosoftがFacebookの買収を検討?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/08/news062.html

◎マイクロソフト、次なる標的はFacebookか?
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20372748,00.htm


posted by やすお at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96105746

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。