2013年05月28日

スマホが家電ネットワークのハブになる


今回は小ネタである。自分が購入した家電がネットワークに接続できて便利だなと感じている。何が便利なのかと考えたとき、実はスマホで機器を操作できるのが便利だと気が付いた。このブログの読者の方々はデジタル家電が好きな人も大勢いるだろう。「何を今さら」と言われても仕方がないが、そんな最先端を行っている人ばかりではないので、少し未来の家電を考えてみたいと思う。

1年前のことであるが、私はAVアンプを購入した。私はAVマニアではないので、エントリクラスの製品である「TX-NR616」という型番の製品を選択した。AVアンプは短い期間で買い替えるものではないので、10年近く使用したパイオニアのAVアンプからの買い替えだ。

このTX-NR616であるが、さすがにインターネット時代のデジタル家電である。ネットワーク接続に対応している。DLNA(Digital Living Network Alliance)に対応しているので、パソコンやホームサーバーで管理している音楽ライブラリを再生したり、インターネットラジオを聴くこともできる。iPodなどポータブル音楽プレーヤをUSBで接続してイヤホンではなくスピーカーから音を鳴らすこともできる。もちろん、DVD/ブルーレイ機器を接続すれば、規格に対応したデジタル音源を楽しめる。

久しぶりに家電を購入すると技術の進歩に驚かされる。デジタル関連の機器については特に進歩が速いので、自分がいかに古い世界にいたのかを思い知らされる。最新モデルは「ONKYO 7.1ch対応AVレシーバー TX-NR626(B)」で、Bluetoothでスマホを接続することもできる。

さて、技術の進歩はいいのだが、使いこなすにはそれなりの知識というか慣れが必要である。メーカーも簡単に使えるように努力はしており、私が購入したAVアンプだけではないと思うが、設定画面などは本体の小さなディスプレイで操作するのではなく、AVアンプなのでテレビに接続し、テレビの画面に設定画面を表示しながらリモコンで操作するスタイルが一般的になっているようだ。

先ほど紹介したインターネットラジオの選曲やDLNAサーバーのミュージックライブラリからアルバムやアーティストを選択して聴きたい曲にたどり着くのもテレビの画面を見ながら操作する。確かに、画面を見ながらでないと操作しずらい。

そこでメーカーが用意しているのがスマホアプリである。たいていはiPhone/Android用のアプリを用意している。私が購入したONKYOのアプリはWi-Fiに接続してある状態で、スマホの画面を見ながら機器の操作ができる。いわゆるリモコンソフトであり、珍しくもないのだが、便利と感じたのは事実である。

よくよく考えると、リビングにはリモコンがたくさん置いてあって、はっきり言うと邪魔である。テレビだけではなく、DVDレコーダやアンプ、エアコン、セットトップボックス、照明、扇風機...。挙げればきりがない。

思ったのが、「すべての家電がネットワークに接続していれば、スマホだけで機器を操作できるのになあ」だ。ハードウエアはスマホ(またはiPod TouchやNintendo DSといったゲーム機器など)だけで、メーカーはアプリだけを開発すればリモコンというハードウエアを用意しなくてもすむ。ユーザーにとってもハードウエアが増えて邪魔になることもないし、スマホであれば紛失することも少ないだろう。

また、テレビに接続しない機器については、省エネ設定や機器の調子をスマホでみられるようになるかもしれない。ネットワークに接続できる冷蔵庫や電子レンジが登場したこともあったが、市場には受け入れられなかった。さまざまな原因があるとは思うが、操作性(ユーザーインタフェース)が悪かったのも要因の1つではないだろうか。

そもそもハードウエアのリモコンは、特にAV機器のものはボタンが多くて使いにくい。スマホアプリであれば、必要なときに必要なボタンだけを表示するようなユーザーインタフェースにもできるだろう。現在のリモコンをシミュレーションするだけのアプリではなく、スマホ、特にタッチパネルを使った機器によるユーザーインタフェースはまだ改善の余地はあると思う。

パナソニックは自社の家電をスマホ対応にした。困るのはメーカーの囲い込み戦略の一つとしてのスマホ対応であれば不要である。標準的に使えるようになってこそ業界全体の成長があると思う。もうメーカーが単独でユーザーを囲い込む時代は終わったと思う。例外はアップルであるが、例外中の例外である。ただし、アップルはイノベーションを起こし続けない限り未来はない。そういう意味では安泰な状況ではない。

とにかく、家電はどんどんネットワーク対応してほしい。セキュリティについては考える必要もあるが、むやみに外部のインターネットに接続できないようにすれば解決できる課題だと思っている。手元で高度な機能を利用するのは気分がいい。ハイスペックな家電の機能を活用するためにも操作するユーザーインタフェースが改良されなければ意味がない。そのためにも、家電の中心には、機器群を操作するハブが必要になる。それがここ数年ではスマホがその役割を担うのだろう。

話は変わるが、スマホで操作できるメリットの1つに、手元の画面で情報を確認できるというのがある。テレビに操作画面が表示されていても小さくて見にくかったりするので、手元で拡大・縮小しながら操作できるスマホは便利だと思う。

これからの高齢者社会を考慮して、スマホの柔軟な表示方法を活用することもメーカーは視野に入れなければならないのかもしれない。個人的にはしっかりと視野に入れてほしい。テレビの電子番組表は小さくて見づらいのだ。最近は、テレビ番組表もスマホアプリで見ている。番組の検索も速いし、手元で見られるというのがやはり大きいのだ。完全に個人的な感想である。

では、今回はここまで。


タグ:家電 スマホ


posted by やすお at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。