2013年05月17日

F1に復帰するホンダ、緊急記者会見はUstreamで実施


ホンダが2015年からF1に復帰する。英国の名門チームであるマクラーレンにエンジンを供給するエンジンサプライヤーとしての参戦だ。チーム名は「マクラーレン・ホンダ」となる。F1は2014年からターボエンジンとなる。ホンダとマクラーレン、そしてターボエンジンとなるば、思い出すのはホンダの黄金期。あの16戦中15勝という圧倒的な強さを見せた体制が復活するのである。

2014年からではなくて、2015年の復帰というのが、「どこまでファンを待たせるんだ」とやきもきするが、現在のF1はエンジンが強ければ早い車をつくることができるわけではない。エンジンは車体の一部であり、トータルバランスが悪いと、エンジンだけ良くても速くならない。速いマクラーレン・ホンダを実現するには、時間が必要だったのだろう。

さて、本日(2013年5月16日)の緊急記者会見はUstreamで実況中継された。ネット時代ならではの広報活動である。記者会見というと、一般的にはクローズなものであるが、Ustreamなどを活用することで、早く、多くの人に物事を伝えることができる。

「マスコミの仕事はどうなるのだ」という声が聞こえてきそうだが、マスコミはその場所にいたことを利用して、当事者に質問をするなど独自の取材活動ができる権利はそのまま持っているわけで、Ustreamを使われたから、仕事に影響が出るとは考えにくい。

それにしても、私がちらりとUstreamにアクセスしたときは、1万人くらいの人が視聴していた。それほど多くの人がアクセスしていたにも関わらず映像はクリアだった。改めて映像を気軽に流せる時代になったことを感じた。

そういえば、Googleの開発者向けイベントのGoogle I/Oも一日中映像を流している。人が集まるキーノートスピーチでも映像や音声はほとんど乱れずにライブ中継されていた。個人的には、たくさんの人が集まるイベントのライブ中継は、映像は低解像度で音声も途切れがちというのが当たり前だった。この認識は変えないといけないと感じた。これから何かを始めるときは、インターネットでも映像によるプロモーションが普通になるのだろう。

ということで、ライブ中継されたホンダのF1復帰記者会見は、Ustreamで見られる。見逃した人はチェックしてみるといい。きっと伝説の始まりになるだろう記者会見だから。下にも映像を埋め込んでおく。


では、今回はここまで。



posted by やすお at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/361658919

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。