2010年06月01日

iPadは先進的な製品なのだろうか


ガジェットが好きな方には説明の必要はありませんが、アップルのiPadが日本でもとうとう発売されました。個人的には購入を見送るのですが、iPadがなぜ人を魅了するのか分からないので、もやもやしながらも思うところを徒然なるままに書いていこうと思います。読みづらくなることを覚悟してください。何を言っているのかさえ分かりづらいかもしれません。

まず、このiPadを一言で表現しようと思ったのですが、大きなiPhoneと言っても電話をするための機器ではないし、タブレット型パソコンと言うのもはばかられる。スマートフォンとパソコンの中間に位置する製品と言われることがあるが、それはいったい何なのだと突っ込みを入れたいところだ。

電子書籍を読むための機器と紹介されることもあるが、これはiPadで動くアプリケーションの1つを紹介したにすぎない。iPad自体は汎用性があり、特定の用途で使われるものではないからだ。

■新しいジャンルなのだが、どこか見たことある


説明しにくいということは新しい製品ジャンルなのだろう。今後、同じような製品が登場したときは、iPadのような○○という紹介のされかたをされることになる。それだけオリジナリティが高いのだと思う。

だけど、どこかで見たような気がする製品のようにも思える。用途を特定しない汎用性から考えると、従来のノートパソコンやタブレットPCと同じ位置付けの製品に見える。実際に、ノートパソコンの替わりに使う人は多いだろう。メールが使えて、ちょっとした文書を書けるのであれば、それはこれまでノートパソコンが担ってきた用途である。

画面を直接さわって操作する部分に目を向ければ、それこそマイクロソフトが何度もトライして失敗してきたペン入力型パソコンがある。最終的にはタブレットPCとして進化したやつだ。個人的には、タブレットPCがiPadに最も近い製品だと思っている。操作方法や用途が似ているからだ。だから、どこかで見たことがあると感じるのだろう。

タブレットPCとiPadの違いは、人が欲しいと思ったかどうかだ。iPadは全世界でヒット商品となった。一方、ヒットしたタブレットPCなんて聞いたことがない。Webブラウザを使うだけならiPadもタブレットPCも大差ないと思う。文書作成については、Officeがそのまま使えるタブレットPCの方が便利なように思える。

私が考えるiPadの用途と、iPadの購入者が想定している用途と異なっているのだろうか。正直なところ。iPadユーザーが何を求めて、購入に至るのかを想像できないでいる。

最終的には、アップルというブランドがiPadを購入させているだけではないのだろうかと考えるようになった。つまり、製品自体はイノベーションをおこすものではなくて、iPod touch/iPhoneの成功によって、その延長線上にありそうなiPadに対して人々が何らかの期待を抱いたという仮説である。「アップルだから何かやってくれる」「iPhoneはいい製品だからiPadもいい製品に違いない」と思ったから、たくさんの人がiPadを買い求めたのではないだろうか。

■iPadの本当の使い方は?

冒頭でも書いたが、私はiPadの購入を見送った。もしかしたら次のモデルか次の次に出てくる機種であれば買ってしまうかもしれない。ただし、スマートフォンの購入でXperiaを選んだように、通信キャリアの関係で、iPadではなくAndroidベースのiPadもどきを購入するかもしれない。NTTドコモからそのような製品が出ていれば。

つまり、自分がiPadのような機器に対して求めることがはっきりすれば、もう少し具体的に言うと、Webブラウザが使えて、Gmailができて、地図を閲覧できて、ブログ程度のテキストを入力できれば、必ずしもiPadである必要はないわけだ。書いていて、自分がiPadを使う理由がどんどんなくなってくるのを感じる。

使う目的を明確にしていくと、iPadという製品がなぜ人を魅了するのかがさらに分からなくなってくる。私は新しいコンセプトの製品に対して、何か重要なことを見落としているのかもしれない。

実際にiPadを見る機会があったのだが、iPhoneアプリが大きな画面で動いているくらいにしか見えなかった。私の想像力が欠如しているだけなのかもしれないが。

ただ、iPhoneの存在を改めてみると、iPhoneの登場により、スマートフォンの常識が変わったように思う。物理的なキーボードが付いているのが主流であったスマートフォンを、タッチで操作するものへと常識を変化させたのがiPhoneだったと思う。Xperiaを代表とするAndroid端末もiPhoneという先輩があったからこそ生まれたものだと思っている。

そういう意味では、iPadがもしかするとノートパソコンの常識を変え、タッチで操作するものを主流にさせていくのかもしれない。それはマイクロソフトがタブレットPCでできなかったことである。iPadは機器の常識を変えていく原動力となるのだろうか。判断は2年後か3年後になってしまうが、パソコンメーカーの動向をウオッチしておいた方がいいかもしれない。

さて、今回はここまで。
いつも以上にぐだぐだになってしまった。ほぼ上から順番に書いて推敲もなしだから読みにくかったと思います。ほとんどテキストのUstreamみたいになってしまったから。

ということで、ここで失礼します。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。