2010年04月28日

Xperiaで使うメールアドレスはiモードがベストかもしれない


まだまだ続きますXperia特集(いつの間に特集?)です。今回はXperiaで使うメールは何がいいのかです。結論から言うと、NTTドコモの携帯電話を使っていた人は、iモードメールを使い続けるのが無難です。無難というのはベストな選択ではないからです。

基本的に、Xperiaはiモードに対応していません。しかし、iモードメールを見られるようにするアプリケーション「IMoNi」を使うことでiモードメールの送受信ができるようになります。

Xperiaはiモードに対応していないのに、どうしてiモードメールの送受信できるの?と不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。これにはからくりがあります。NTTドコモが運営するパソコン向けiモードサービス「i モード.net」を使います。パソコンでiモードメールを送受信できるサービスです。つまり、Xperiaをあくまでもパソコンとし使用することでiモード.netにアクセスし、あたかもモバイル端末でiモードが使えるように見せているわけです。

IMoNiでは通常の携帯電話のようにプッシュでメールの受信を通知してもらえないのが残念です。IMoNiが「i モード.net」を参照する間隔を短くすれば、通常の携帯電話の使い勝手に近くなりますが、チェック間隔を短くするとバッテリのもちが悪くなります。

ちなみに、「i モード.net」は有料サービスです。月額210円かかります。なお、Xperia自体はiモードに対応していないのですが、iモード契約も残しておく必要があります。iモード契約も無償ではありませんね。月額315円かかります。結局、iモードが使えるわけでもないのに、合計で月額525円かかります。それで、使える機能はiモードのメールのみというのは恥ずかしいレベルです。

■携帯から携帯へはキャリアのドメインが有利

そこまでしてiモードメールを使い続けるのは、携帯電話のメールセキュリティ設定によります。携帯電話でメールを受信するときに、Gmailなどを受け付けないで、キャリアのドメインを指定している人も少なくありません。XperiaではGmailを通常使うメールに指定するのがもっとも使い易いと想います。しかしながら、ドメイン制限をしている友人にメールを送れなくなるのを避けるためにはiモードメールが必要なわけです。

私はXperiaを購入する前はiモードと決別する覚悟だったのですが、結局、今でも携帯で連絡を取り合っていた人とはiモードメールでメッセージを交換しています。新しいGmailのアドレスを伝えるのも面倒だなあと感じているのもあるのですが、IMoNiの使い勝手がいいからなかなか利用をやめられないという理由もあります。

Gmailの連絡先情報はXperiaのアドレス帳と同期させておけば、GamilだろうとIMoNiだろうとどちらでも使えます。送信元のメールアドレスを気にするサービス対策としてiモードとIMoNiの組み合わせは便利な仕組みとなるでしょう。この状態を悪いと見るのかどうかは個人の考えです。

もちろん、Xperiaでiモード、せめてメールのだけでも使えるようになれば、みんながハッピーですけれどそうなってはいません。Android端末はアップデートして使えるのが1つの特徴です。OSのバージョンアップでiモードを使えるようになるのが自然な流れかなと思います。

とりあえず、今回はここまで。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。