2010年03月25日

とうとうmixiもテレビCMを始めましたね


XperiaのテレビCMが流れているようですが、私はまだ1回も見たことがありません。一方、見かける機会が多いのがSNSのmixiのテレビCMです。卒業式など別れのシーズンらしいCMになっています。SNSでのテレビCMというと、すでにモバゲーTownやGREEが流しています。mixiもついにテレビデビューといったところでしょうか。

SNS大手のCMを比べてみると、異なったスタンスでメッセージを発信しているのが分かります。自分なりの解釈をしてみようと思います。

まず、テレビCMで先行したGREEやモバゲーのテレビCMは、ユーザー獲得というよりも広告主に対する訴求が目的です。つまり、「テレビCMをやっているくらいの立派な会社だから広告を出すに値する企業なのですよ」というメッセージを伝えているようです。

ただし、モバゲーの最近のテレビCMは、個人情報保護をきちんとしましょうというメッセージに変わりました。おそらく、中学生や高校生が気軽に電話番号など個人情報を教えてしまって、何かトラブルが発生したのでしょう。モバゲーブランドではなく運営会社のDeNAでCMを打っていることからも、会社としてきちんとユーザー保護をしているのを広告主や当局に示すのが目的なのだと思います。

さて、mixiはどうでしょうか。招待制から登録制に変更になったこともあり、ユーザーを獲得するのが目的のCMのように見えました。「つながるといいことあるよ。卒業したら会いにくくなるのだから今のうちにmixiでつながっておきなよ」と、高校生や大学生に向けてメッセージを発信しているようです。

とても素直なCMですが、SNS最大手でありながら、発信するメッセージは自社サービスの内容説明だけなのかと思うと、mixiの将来性に疑問符がついてしまいます。

そもそもテレビというメディアが持つ力に疑問符が付き始めていますが、テレビはまだまだ強力な告知効果があります。mixiがテレビを使って自社サービスの宣伝をするのは有効な手だと思います。ただ、もっとマネタイズに直結するものを流しても良かったのではないかなと思います。ユーザーは増えたけど広告収入は増えないし、でもシステム投資は膨らむし...といったことがなければいいなと思います。

日本のネット広告は、すでに新聞を超え、テレビに次いで2番目の市場規模にまで成長しました。いつになるかはわかりませんが、ネット広告はテレビも越えるでしょう。その時、SNSなどネットワークメディアがマス広告からターゲティング広告までを担うようになると思います。

ネットサービス事業者は少し前のテレビのようにメディアの王様として君臨する準備はできているのでしょうか。テレビに頼らなくてもメディア価値を上げなければネットの将来も危ういのかなと思いました。

少し話題がそれてしまいましたが、今回はここまでとします。YouTubeにアップされているmixiとモバゲーのCM映像を張り付けておきます。








タグ:広告 CM テレビ


posted by やすお at 02:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | SNS一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

みきと申します^^
いろんなブログにあいさつに回っております。

いきなり申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いします。

突然すいません。
御気を悪くされたら申し訳ありません。

暑くなってきていますので
お体気をつけてください。

ではでは。
Posted by みき at 2010年06月14日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。