2010年02月11日

Google Buzzがやってきた


どう表現すればいいのか分からないサービス。それが「Google Buzz」です。何の説明にもなってないですね。実はこのサービス、私にはよく分からないのです。なので、グーグルが何を狙っているのかも当然のことですが分かりません。まあ、それでは話が終わってしまうので、私が感じたところ、ファーストインプレッションをお届けしようと思います。

まず、Google Buzzですが、グーグルのWebメールサービスである「Gmail」に追加された機能です。できることは、Twitterのようにつぶやきを投稿したり、写真やWebサイトのリンクを投稿したりできます。電子メールをソーシャル化し、つぶやきなどユーザーが何か情報を投稿できるようにしたわけです。ユーザーが投稿したものは広く公開するのか、一部のユーザーにだけ公開するのか選択できます。

同じようなつぶやき投稿サービスにはTwitterがあります。Google BuzzがTwitterキラーになるかと言われれば、現時点では「ならない」と答えるしかないでしょう。Twitterとは似ているようで似ていない、そんな感じがするサービスです。

さて、Google Buzzで問題かなあと思ったのは、初期にフォローする人を選べないことです。グーグルのWebサイトには「Gmail でよくメールやチャットをする相手を自動的にフォローします」(Googleバズ)とあります。「メールやチャットをする相手」の判断基準がどうも分かりません。私の場合は一度もGmailでメール交換していない人もフォローしていました。こんな仕様でいいのかなあと心配になります。

GoogleはBuzzをきっかけに、Google Waveの普及へと進んでいくことでしょう。そういう意味では、BuzzはGoogle Waveのミニチュア版という位置づけです。果たして、正しい方向にユーザーを導くことができるか、それがGoogleの腕の見せ所かなと思います。

Googleはソーシャルメディアに比較的弱い会社です。このGoogle Buzzもどれくらい成功するのか想像できませんが、どちらかを想像しなさいと言われたら、Google Buzzは失敗すると予想せざるをえないでしょう。残念ながら。

このBuzzに限った話ではないのですが、最近のGoogleのサービスは複雑だなと感じます。頭のいい人が集まった組織ですから、彼らから見ればBuzzくらいのものは単純なサービスなのかもしれません。Twitterが受け入れられたのは機能がシンプルだからだと思います。

メールとマイクロブログを結びつけたのは大胆な発想だと思います。その発想が受け入れられるかどうか、まさしくやってみなくては分かりません。一般ユーザーがどう反応するのか楽しみです。

posted by やすお at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140790440

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。