2009年12月22日

つぶやきこそコミュニケーションの基本なのでは?


久しぶりのブログ更新です。これまで忘年会などでずっと飲んでいましたので、まったく更新できませんでした。楽しみにしている方には申し訳ないです。といいつつ、Twitterでは相変わらず書き込みをしているわけで、何かを発信することに疲れているわけでもありません。

なかなか本題に入らないのがこのブログの特徴なのですが、今回は時間もないのでさっくりと、日ごろ思っていることを書きます。テーマは、最近はこればかりですが、マイクロブログです。

マイクロブログ(ミニブログともいう)の代表的なものがTwitterです。140文字程度の短い文章を投稿することでユーザーとコミュニケーションできるサービスです。日本でも、Amebaなうが始まり最近は話題になっています。Amebaなうはマイクロブログとは違うかなと「Amebaなうはマイクロブログなのか疑問に思った」で書きました。ただし、根底には短い文章でコミュニケーションする部分は同じです。

今回はこの短い文章というものにフォーカスしたいと思います。

まず、マイクロブログは"ブログ"という文字が入っているので、いわゆる普通のブログと似たサービスであると思っている人がいます。正確に定義するのが難しいのがマイクロブログなのですが、私はコミュニケーションツールだと考えています。なので、ブログのように情報発信が主目的ではなく、他のユーザーとからんでいくのがマイクロブログの使い方だと考えています。

コミュニケーションは情報のやりとりです。情報を発信する人がいて、情報を受け取る人がいる、そういう関係があるところで発生します。

コミュニケーションの代表的なものは"会話"かなあと思います。ここからちょっと強引になるのですが、会話をするシーンを思い出してください。相手に話をするときにどれくらいの文章量で話すのかと。話好きな人はいますが、ディスカッションなど情報をキャッチボールするときは、(測定したことはないですが)140文字程度の短い文章で会話しているのではないでしょうか。

かなり強引になりますが、短い文章のやり取りで会話(コミュニケーション)が成立するのであれば、Twitterがあれば、ディスカッションから一方的な情報発信までいろいろ対応できるのではないだろうかと思いました。マイクロブログで発信するストリーム(ライフログ)が会話の要素となり、他者とコミュニケーションする。そんなことができるようになるのではないかと。メールを何回もやりとりするのではなく、マイクロブログ上でつぶやきを何回もかわす方がコミュニケーションとしては効率が良いのではないかと思うのです。もちろん、向き不向きなんかもあるでしょうけれど。

Google Waveなんかはそんな世界を作ろうとしているのかなと思ってみたりします。とにかく、新しいコミュニケーション手法がマイクロブログによって生み出されるかもしれません。人類の意識を変える必要がありますけれど。

では、今回はここまで。
まとまりがなくてすいません。

posted by やすお at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitterなどミニブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。