2009年12月04日

Google日本語入力はChrome OSの標準機能になるのだろうなあ


2009年12月3日、グーグルは日本語入力ソフト「Google日本語入力」をベータリリースしました。日本語で文字を入力するのに必須のIMEですが、このソフトをGoogleが開発する意義は何でしょうか。

早速インストールして使ってみました。正直なところ悪くないなと思います。このブログもGoogle日本語入力を使って書いています。速度も申し分ないし、変換精度も悪くないです。辞書の学習が進めば、MS-IMEを性能面ですぐに超えてしまいそうな感じです。

グーグルの公式ブログ「思いどおりの日本語入力 - Google 日本語入力」では、グーグルの中では傍流のプロジェクトのように紹介されています。グーグルではエンジニアの勤務時間の20%を自由に使うことができます。その中で生まれたプロジェクトとされています。将来はグーグルの正式サービスに昇格するかは不明ですが、私は正式プロダクトになると思います。

なぜなら、Googleが開発中のChrome OSに必要な機能だからです。これも想像の範囲でしかありませんが、Google日本語入力はChrome OS日本語版の標準IMEになると思います。やはり日本版のOSには日本語入力機能が不可欠です。Chrome OSはオープンソースプロジェクトですから、Google以外の人や企業が開発しても構いません。とはいえ、現実的には標準のようなものが必要でしょう。Windowsに例えると、OSの標準機能としてMS-IMEが備わっているが、サードパーティーのATOK(ジャストシステム)もあり、ユーザーが好みで選択できる状態にするのかなと思います。

IMEのように使用機会が多いソフトは、まさに手になじむものが求められます。グーグル日本語入力を万人に薦められるかと言われると難しいところです。でもまあ、試してみる価値はあると思います。無料ですし、使いにくいなと感じたらアンインストールしてしまえばよいだけです。

私はMS-IMEをメインに使っていますが、Google日本語入力にはスムーズに移行できました。自分で登録した単語なども、MS-IMEからエクスポートして、Google日本語入力にインポートできます。次世代のIMEとして使えるか試す価値はあります。機能改善などを受け付けるWebページもあるので、何かあれば報告してみてもいいかと思います。そこで議論されたことが正式版に実装されることもあると思います。

では、今回はここまで。
タグ:google IME


posted by やすお at 00:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | IT業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今のところChromeOSには、G日本語のオープン版のMOZUKUが入っています。
Posted by at 2011年07月04日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134639079

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。