2009年08月25日

マッシュアップはもう時代遅れ?


前回の投稿「なんでもやりたい病にかかってます」で、「ソフトウエアを開発したい。自分でプログラミングしたい」と書きました。WebサービスのAPIを使って、何か形ある物を作ることができたら楽しいだろうなあというのがきっかけです(これも前回に書きましたね)。

私がイメージしているのは、複数のWebサービスを連携させて新しいものを開発するマッシュアップが一番近いです。でも、この「マッシュアップ」という言葉を最近はあまり耳にしません。私のフィルタにかかってこないだけかもしれませんが、数年前の盛り上がりに比べると、まったく目立ってない感じがします。数年前は、Google MapsのAPIと経路検索のAPIを組み合わせたマッシュアップサービスがたくさん公開されました。また、ビジネスパーソンの出張をサポートする「出張JAWS」というWebサービスなどが、マッシュアップの成功事例としてよく取り上げられていました。

プログラミングの知識がなくてもマッシュアップサービスを開発できるように、米Yahoo!は「Pipes」というWebアプリケーションを公開したし、マイクロソフトは「Popfly」というWebアプリケーションを公開しました。

エンドユーザーが自分のWebサービスを開発できる−まるで、パソコン普及期のエンドユーザーコンピューティングの時代再来かと感じたほどです。ちなみに、エンドユーザーコンピューティングとは、ノーツといったアプリケーションプラットフォームを使って、エンドユーザーが自分で使うアプリケーションを開発するパソコンの使い方です。パソコンに詳しい人がExcelマクロを使って業務を効率化されるのもエンドユーザーコンピューティングの1つです。

そして、エンドユーザーコンピューティングが主流にならなかったのと同じように、マッシュアップによるエンドユーザーが開発したWebアプリケーションは主流にはならないかもしれません。先ほど紹介したマイクロソフトのPopflyですが、偶然にも2009年8月24日にサービスを停止してしまいました(関連記事:MS、マッシュアップサービス『Popfly』を間もなく閉鎖)。後継サービスには、「Microsoft Web Application Platform」「Microsoft XNA」「Microsoft Kodu」「Microsoft Express」などがあるので、Popflyは発展的サービス停止なのかもしれませんが、それでも何かさびしい感じがするのは私だけでしょうか。

外部に公開しているマッシュアップサービスの成功事例である「出張JAWS」も問題が出てきています。サービスは継続しているのですが、経路検索機能が使えないなど、運営コストに問題が出てきているようです。マッシュアップサービスの開発は低コストでも、サービス運営は通常のサービスと同じくらいのコストがかかるのだと想像します。結局、運営コストまで含めたビジネスモデルがなければ、外部に公開するサービスとしては、開発コストを抑えただけでは成り立ちにくいのでしょう。マッシュアップに限った話ではありませんけどね。

暗い話を書いてしまいましたが、明るい話がないわけではありません。マッシュアップサービスのコンテストである「Mashup Awards(マッシュアップ・アワード)」は、2009年秋に始まります。2006年から始まって、今回が5回目になるようです。続いているということが大切です。マッシュアップという手法はWebサービス開発において、開発コストを下げるのは間違ないと思います。あとは、外部に公開するならマネタイズできるビジネスモデルが必要だし、社内システムとして使うのであれば運用コストをどう捻出するかが課題になると思います。

* * *

とにかく、クラウドコンピューティング時代を迎え、Webサービスが連携する時代は当たり前になっていくでしょう。プログラムの開発が、プログラム部品を組み合わせていく手法が主流になったように、クラウド時代は、クラウドに存在するWebサービスを部品として考え、それを組み合わせていく開発手法が主流になるのは間違ってないと思います。言い方は間違っているかもしれませんが、オブジェクト指向のWebサービスマッシュアップ開発になるのかもしれません。

では、今回はここまで。

posted by やすお at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

エンドウォー
Excerpt: エンドウォーの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「エンドウォー」へ!
Weblog: エンドウォー
Tracked: 2009-10-06 01:05



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。