2009年08月06日

Twitterの文化に慣れよう


今回もTwitterのネタですいません。別のネタでもよかったのですが、私のTwitterタイムラインで気になることが話題になっていたので取り上げようと思います。

気になったのは、断わりもなくフォローすることについてです。Twitterというミニブログのサービスは、誰か気になった人がいれば、その人のつぶやきを勝手にフォローできます。MixiなどのSNSでは、お互いがOKしないと基本的には日記などの内容が自動的に配信されることはありません。Twitterでは、相手の承諾なしに相手がつぶやいた内容を自動で追っかけることができます。

このフォローするときに、相手に一言かけるかどうか議論になっていました。「相手に断わりもなくフォローするのは失礼だろう」「Twitterは自由に相手をフォローできるのだから断わりなんかいらない」などと、対立する意見が出ていました。

私は、どちらかというと、Twitterの特徴というか良い点は、気になるつぶやきを投稿している人を気軽にフォローできることだと思います。言ってしまえば、これがTwitterの文化だと思います。もちろん、フォローする前に一言入れるのが悪いわけではありません。自由にやればいいと思います。無断フォローを禁ずるのがTwitterの文化に合わない不自然な行為になるのではないかと考えています。

Twitterはまだ新しいサービスです。ユーザーは使い方を覚え、応用の仕方を研究しているところです。Twitterのサービス自体、進化を続けるでしょうが、これに合わせて、使う方も進化というか、Twitterの文化に慣れる必要があると思います。Twitterの文化に慣れると言うことは、Twitterというサービスの根本を知ることになるでしょう。このTwitterの根っこは、一般的なSNSのように、両想いを前提にしたコミュニケーションではなく、片想いでもコミュニケーションできるというコンセプトなのだと思います。そこを理解すれば、無断フォローを禁ずると自分のプロフィールで謳うことが、コンセプトに合わないことが分かるでしょう。

ソーシャルメディアというくくりの中でTwitterやSNSが語られることは多いです。しかし、TwitterとSNSはまったく異なるサービスです。このことを、ユーザーが共通認識として持っていた方がいいかなと思います。

とはいえ、SNS感覚でTwitterを使いたい人は、自分のタイムラインは鍵付きの非公開とすればいいかなと思います。そうすれば、自分のタイムラインを自分がフォローしている人以外に見られることはありません。自分でつぶやきの公開範囲をコントロールできます。私はあまりお薦めしませんけれど。

やはり、つぶやきは公開しておいて、誰に読まれているか分からないけれど、誰かのセレンディピティによって、情報に新たな付加価値が付いていく−それがTwitterの醍醐味であり、ソーシャルメディアの醍醐味だと思います。人を介することで情報が化学変化を起こし、別の人に影響を与えられるようになるのが面白いのだと思います。

さて、またいつものようにぐだぐだと書いてしまいましたが、ソーシャルメディアというコンセプトも新しければ、Twitterというミニブログも新しいサービスです。自分を含めて人々はこれらのサービスにまだ慣れていないのを踏まえたうえで、サービスの本質を捉えて楽しめていければいいなと思います。きっと役に立つから。

では、今回はここまで。

posted by やすお at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitterなどミニブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。