2009年07月23日

インターネットを使えない選挙活動?笑っちゃうよね


インターネットが存在しない時代に制定された公職選挙法を拡大解釈すると、選挙活動中のWebサイトの更新は違法になるという。決められた種類の文書図画(ビラなど)を決められた枚数だけ頒布できる。Webサイトも文書図画にあたるので、公職選挙法で定められた制限を受けるというのが、分かったような分からない決まりである。

最近、話題になっているのは、ミニブログサービスのTwitterでのつぶやきも公職選挙法に抵触する可能性があるという判断がされそうなことだ。どこまで解釈を広げればいいんだよ。そのうち、候補者は電子メールも禁止されそうな勢いだ。特定の個人にあてたメールはいいけど、CCやBCCにはどんなメールアドレスも指定してはならないとか(笑)。ホリエモン事件のときに、偽造メールで混乱した政治である。冗談抜きにメール禁止はありえる(笑)。

法律なんて改正すればいいと思うけどね。インターネット時代に対応した選挙活動ってあると思うんだよね。そもそも、候補者のWebサイトを訪問する人なんて、候補者の政策などを知った上で投票しないと気が済まない真面目な人か、ライバル陣営が敵情視察をするくらいのものだと思う。

問題だと思うのは、候補者が何を考えているのかを知りたくてWebサイトを閲覧したり、Twitterでフォローしている人が持つ"知る権利"を、現行の公職選挙法は侵害しているのではないかということ。政策なんか公示前にアップしとけよということなのかもしれない。そのような意見もごもっともだが、インターネットという双方向のメディアを使うことで、候補者は自分の考えを知らしめ、選挙権を持っている人は疑問に思っていることを問い合わせることができる。

自分たちの代わりに政治をする代議士を選ぶ選挙である。自分の意見と似ている人を探すのに、ネットを活用できないのはいかがなものだろうか。若い人はインターネットを特殊な空間だと認識していない。インターネットで選挙活動ができないのは若い人からみるとさぞかし滑稽だろう。当然、そんなつまらない法律にしばられる政治を見て、あきれて投票に行かない人だって多いだろう。

「うるさい選挙カーはよく通るけど、名前しか叫んでないから、何をする人なのか分からない」「誰を選んでいいのか分からない」といった声をよく聞く。これは、せっかく国民が政治に興味を持つ公示期間中に、候補者がプレゼンをする機会を奪われているからではないかと思う。伝える手段を制限されているから伝わらない。当たり前だよね。これで、テレビ広告で選挙に行きましょうなんて言ってるんだから、お金の無駄使いもいいところだ。知らない人に国の将来を任せる選挙なんて行きたくないと思うのは常識人であれば当然だろう。

だんだん、何を言っているのか分からなくなってきた。結局、ネットを使った選挙活動を認めなさいという、改めて言うのがはずかしくなるほどのまっとうな意見を述べさせてもらいます。

政治に常識がないから国民が興味を持たないんだと思う。政治家(官僚かな?)の方は少しくらい国民の声を聞いてくださいな。結構、私たちは良識を持ってますよ。

ということで、今回はここまで。

◎参考


posted by やすお at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。