2009年07月11日

GoogleのChrome OSはWindowsを殺すのか(2)


一応、今回は前回の記事「GoogleのChrome OSはWindowsを殺すのか(1)」の続きであるが、週末なので軽めに書く。

前回、IT産業の歴史の中で、盟主が変わるかもしれないということを書いた。今回は、もしかすると逆のことを書いてしまうかもしれない。いや、小さな流れは前回の通りであるが、もっと長い目でみると、面白いことが起こるかもしれない。


■マイクロソフトによる帝国の逆襲はあるか

今後主流になるといわれている、データやアプリケーションがインターネット上に存在するクラウド・コンピューティングの世界では、グーグルが持っている技術やアイデアが強いと思われている。これまでの勢いを考えると、グーグルは勢いを保ったままパソコン用OSでもシェアを取っていくように錯覚する。Chrome OSに関する報道を見ていると、そう思ってしまうのも仕方がない。

しかし、ものはOSである。シンプルをウリにするグーグルなので、最初にリリースするものは軽くて分かりやすくて、使いやすいものになるだろう。問題はその後である。OSの機能として、さまざまなアプリケーションを加えていくことで、どんどん重くなり、使い勝手が悪くなるというのは、マイクロソフトが辿った道だ。グーグルもその道を知らないうちに辿ってしまうかもしれない。それが心配なのだ。

私は、クラウド・コンピューティング時代にふさわしいパソコンというものがあり、それは現在のパソコンとは異なるものになると思っている。その、クラウド時代にふさわしいパソコンを開発できる会社の1つがグーグルだと思っている。

ユーザーはわがままである。シンプルなOSを望むと同時に、多機能なOSも望んでいる。相反するものをどうバランスさせるか、これはグーグルのお手並み拝見といったところか。で、このユーザーにわがままに一番向き合った経験があるのがマイクロソフトなのではないだろうかとも思っている。マイクロソフトがユーザー対応に成功しているとは思えないが、グーグルと比べると一日の長はあると思う。

なんだかんだ言いながら、OSの機能やユーザーインタフェースなどを比較するようになったら、マイクロソフトも復活するのではないかと考えられる。その時、グーグルはどのような手を打ってくるのかも楽しみではあるが。

軽くといいつつ、なかなか軽く書けないし、結局中身がない記事になってしまって申し訳ない。Webだけだったはずのグーグルがいつのまにかマイクロソフトの領域に入ってきており、しかもグーグルの勢いが衰えることもないので、このままどうなるのだろうと気になっていろいろ考えてしまいました。

では、中途半端ですが今回はここまで。
おそらく、このテーマは別の形で続きを書くことになると思います。

posted by やすお at 03:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123246794

この記事へのトラックバック

CHROME OS chrome
Excerpt: Windows の優位性 Google は、2009 年 7 月 7 日にネットブック用 OS 「Google Chrome OS」を発表しました。 Web ブラウザである、Google Chr..
Weblog: ブログよりぬき!ニュース速報
Tracked: 2009-07-12 07:56



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。