2009年05月30日

人間の力を再認識


おかげさまで、このブログで300記事を投稿いたしました。正確には前回の記事「おサイフケータイから銀行ケータイへ」がちょうど300番目の記事でした。

これまで、ソーシャルメディアを中心にインターネット関連のサービスについて書いてきました。おかげさまで、順調にページ数も伸びており、楽しいブログライフを送っています。今後も同じようなテイストで書いていこうと思います。

とはいえ、重点分野みたいなものはないのかと思う人もいらっしゃるでしょう。まあ、大きくは変わらないのですが、今後も下記を重点分野にしたいと思います。

  • ビジネスSNSを含むソーシャルネットワークサービス(SNS)
  • モバイル機器で使うのをメインにしたソーシャルサービス
  • CGM(Consumer Generated Media)機能を取り込んだWebサービス
  • ブログなどソーシャルメディアに対して抱いている意見
  • 新しいWebビジネス/コミュニケーションのトレンド

これまで1年あまり続けてきて分かったのは、ITが人力を求めていることです。ITだけで儲かるビジネスが成立しませんし、効率よくビジネスを遂行するにはITが欠かせません。ITと人の役割分担ができつつあるのかもしれません。

私は楽観的に物事を考えるので、今のようなソーシャルメディアが世界を変えると半分本気で思っています。人が関わるからこそコンピュータだけではできないことを実現できると考えています。やはり、人の情報処理能力はすさまじいです。コンピュータは論理的ですが、人はコンピュータと比べると野性的です。非論理的な行動をしてしまうのも人間です。でも、その不完全さが、不完全な人間を面白がせるサービスを提供しているわけで、多少論理で説明できないところを残す方が、逆に人間的で温かみがあるサービスに仕上がります。

分かった!ソーシャルメディアが面白い理由」で紹介した書籍「ビジネス<勝負脳> (ベスト新書)」では、「この世の中の構造や仕組みは、すべて人間の脳が考え出したもの」と説明しています。私たちが生活するリアル空間をつくってきたのは人間の力です。この力を過小評価しないで、うまく使うビジネスが次世代のサービスとなることでしょう。

posted by やすお at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120468695

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。