2009年02月28日

軽い気持ちで投稿した記事が意外に受けた件など


今週の頭に投稿した記事「ブログってなんだろう」は、正直なところ何かを深く考えようとして書いたものではなかった。ソーシャルメディアというものを考える上で、そして自分がやっていることを整理するつもりで書いた。頭の中に思いついたものをひたすら文字にしていくという作業をした結果、できあがったのがこのエントリだった。正直なところ、読みにくい記事だと思う。でも、いつもより多くのアクセスをいただき、私自身が驚いた。

自分で言うのもなんだが、何のためにブログを書くのかについて、いいところを突いたような気がする。これはいい収穫だった。自分でもあやふやなままだった「ブログを書く理由」を整理できた。

そして、この記事をベースにしてもう少し整理したのが、次の日に書いた「ソーシャルメディアとマズローの自己実現理論」である。「ブログってなんだろう」では、思いがけず「マズロー」というキーワードが出てきた。うろ覚えだったものを改めて調べることで、さらにブログを書く目的が見えてきた。ただ、この記事はブログだけではなくソーシャルメディア全体の話として書いた。それは、ブログが自己アピールであるのなら、それは自分だけでは完結しないからだ。自分がいて他人がいる、そして複数の人の間に"つながり"が生まれる。この記事では"つながり"を重視して書いたので、人々のつながりの中で流通するメディアであるソーシャルメディア全体まで話を広げた。ここでは、ブログもソーシャルメディアの1つとして考えたわけだ。

そして次の日、「ブログは個人の意見の発表の場、かなり自由度は高い、ゆえに意見がぶつかる危険がある」という記事は少し異色だ。前回の記事のコメントに返信しようと思ったのだが、長くなりそうなので1つの記事にしてしまった。コメントを書いた人は、私にとって大事な人なので、本来ならきちんとその人にコメントを返すべきだったと思う。だが、コメントしたい内容は自分がブログに対して思っていることなので、あえて広く読んでもらうことにした。ほとんど私信なのだが他の人にも伝えたかった。ブログがソーシャルメディアであるからこそ、自分とつながりがある人に自分の考えをいろいろ知ってほしかったのだ。

そして、前回の記事「インスタントメッセージも使ってみようかな」では、ブログを超えて、自分のコミュニケーションの手段を増やしてみたことを報告。今まで避けてきたインスタントメッセージにチャレンジするという宣言である。宣言というと大げさではあるが、自分の気持ちとしてはそれくらい大きいことになっている。

チャット自体はいろんな人のブログなどを読んでいると、すでに普通に使われているサービスである。ウェブカムを使ったビデオチャットも普通に行われているようだ。本音をいうと、これらのツールを使いこなしている人がうらやましくて、私もいまさらではあるが使ってみようと思い立ったわけである。

インスタントメッセンジャーはいろんなものがあるが、とりあえずGoogle TalkとWindows Live Messenger、Skypeを自宅とオフィスのパソコンに入れた。さっそくチャットに誘っていただいた人もいる。この場を借りてありがとうと伝えたい。

チャットの利点は、短時間に濃密なコミュニケーションができることである。電話や会って話をするよりも濃厚な時間を過ごす場合も少なくない。人と人とのつながりを太くするのに最適なツールなのかなと思う。多人数を相手にしたコミュニケーションは難しいが、少数の特に1対1のインターネット経由のコミュニケーションとしては、これ以上のものはないと思っている。この分野は私にとって未知の分野であるので、インスタントメッセージとソーシャルメディアの関係をもう少し調べてみたいと思う。

ということで、今週は長めの記事をいくつも投稿してしまいました。今回の記事は1週間の書き込みを振り返るというものです。この形式も私にとっては新しいチャレンジでした。書いたものを振り返るのは、予想以上に頭の整理になります。たまにはこんな感じで記事を投稿するのも悪くないですね。

では、今回はここまで。

posted by やすお at 05:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114926044

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。