2009年02月19日

ソーシャルメディアを使ったゆるい情報共有は、社内情報システムとしても案外使えるのかもしれない


前回の投稿「社内調整を効率よくするために少し考えてみた」で、ソーシャルメディア・アグリゲーション・サービスのFriendFeedのように、さまざまな人のネット上での振る舞いを1つにまとめて情報共有をすると便利かもしれないと書いた。FriendFeedの企業向けバージョンがあれば、関係者の情報共有とコミュニケーションを次世代のものにできそうな気がするのだ。

情報の配信方法をストリーム1本に絞ることで効率化を狙うわけだ。ただし、現在のFriendFeedを見ていると、そう単純にはいかない場合もある。それは、関係者がもともと多い場合だ。FriendFeedでフレンドのストリームを購読していると分かるのだが、やたらと情報が流れてくる。自分が興味を持っている人の情報なので、まったく興味がないわけではないが、忙しい中、なかなかすべてを見るのは難しい。

社内情報システムに用途を限れば、仕事の情報だけが流通するようになるので、FriendFeedほどノイズが乗る心配はないかもしれない。なお、一般的にノイズが多いと思われているFrinedFeedであるが、ノイズばかりだったのは昔の話で、今ではそれなりに対策がなされていて、ずいぶんマシになっている。まあそれでも、まだ何らかのフィルタ機能やレコメンド機能が必要なのだろうけど。

個人的には、ソーシャルメディアは個人と個人、または個人と集団がゆるくつながっているくらいがちょうどいいと思っている。適切なギブ・アンド・テイクの状態と言っていいし、適切な持ちつ持たれつの関係と言ってもいい。相手または集団に対して過度な期待や依存をしないし、自分が相手または集団に過度なコミットをしない関係である。

きっちりとした情報共有というわけにはいかないので企業内の情報共には向かないと思いがちだが、はたして企業内の情報共有はそもそもきっちりしているのだろうか。社内にグループウエアを導入したが誰も掲示板に書き込まない。ログインする人も少ない。そう嘆くシステム担当者は少なくない。ということは、IT化したところできっちりと情報共有できるわけではないのだ。だとしたら、きっちり伝えるよりも、必要な人にもれなく情報にコンタクトできる状態にしておくことが重要ではないだろうか。「俺は知らねぇ」と言っている人には本当に情報が伝わっていないことだってある。担当者が隠していたわけではなく、限られた時間の中で説明しきれなかった情報だってあるだろう。

ソーシャルメディアで必要な情報をできるだけ公開していく、どんな形であれ公開さえしておけば、「俺は知らねぇ」と言う人に対して、「きちんと公開していますよ。見てない方が悪いんです」と説明できる(実際にこう説明できるかどうかは相手次第であるが)。できるだけ公開する手段として、前回の記事ではFriendFeedのようなストリーム型配信ができるサービスが有効ではないかと書いたわけである。

関係者がつながる仕組みとしてはSNSという方法もある。社内SNSを導入している企業もあるだろう。また、企業向け業務アプリケーションをSaaSで提供しているSalesforceはFacebookのフレンド情報とリンクさせたり、IBMは同社のクラウドサービス「LotusLive」でビジネスSNS大手のLinkedInと連携を目指したりしている。今後は、社内の情報システムと社外のSNSをどう連携させるかが情報共有または他社とのコラボレーションにおいて重要になってくるだろう。

◎参考記事

フラット化する世界を持ち出すまでもないが、これからは仕事で中心に置かれるのは個人になる。個人をベースに仕事(タスク)が動き、個人と個人のつながりを示すソーシャルグラフに含まれる人々が、大きな仕事(プロジェクト)を進めていくことになる。これまでは、大きな仕事は組織が動かしていたが、組織の役割は薄まる。管理職の役割も変わるだろう。

情報共有の方法が変わるから仕事のやり方が変わるのか、仕事のやり方が変わりつつあるから情報共有の手段も変えなければならないのか、これはどちらが正解なのかは分からない。変わらないのは、仕事自体は人がやるものであり、人と人の間で何らかの情報交換がなされていること。これを効率化できるものは何かと言われたら、現時点ではソーシャルメディアと答えるしかない。人が仕事をしている間は、ソーシャルメディアの存在は大きいままでいるだろう。

最後は抽象的な話になってしまいました。
では、今回はここまで。

posted by やすお at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114477525

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。