2009年01月27日

MySpaceはFacebookと異なる道を歩む


ソーシャルネットワーク(SNS)というと、日本ではmixiやGREEが代表的なものだ。携帯電話向けにはモバゲータウンがある。一方、世界に目を向けると、mixiやGREEの存在感はまったくないに等しい。世界では、MySpaceとFacebookが巨大なSNSとして君臨している。このブログで何度も紹介しているが、FacebookがMySpaceを抜いて世界一のSNSになろうとしている。

さて、FacebookとMySpaceの違いをざっくりと言ってしまうと、MySpaceは音楽を中心にしたコミュニティを形成している。メジャーからインディーズレーベルのアーティストが自分のページを開設し、ファンが集まる構図だ。もちろん、音楽以外にもたくさんの観点で人が集まっている。コミュニティとして大きくなっているのは音楽である。一方、Facebookは友達を中心にしたコミュニティを形成している。友達といってもさまざまで、MySpaceのように音楽を軸にした友達関係もあれば、趣味や仕事、好きなスポーツなどを軸にしてコミュニティを形成する。MySpaceが音楽など楽しむものを中心にし、Facebookは人間関係を中心にした格好だ。

さて、世界一の座を降りようとしているMySpaceであるが、経済効果の観点からするとFacebookよりも影響が大きい。MySpaceでアーティストがCDのプロモーションをしたり、ライブの案内をしたりする。すると、熱烈なファンであれば、CDを購入するだろうし、iTunes Music Storeで曲をダウンロードすることもあるだろう。日程が合えばライブにだって参加したくなる。ファン以外にも曲を聴かせることで新しいファンを獲得し、さらなる楽曲販売につなげる。このように音楽を中心として、リアルなお金を動かす仕組みが出来上がっている。SNS自体で儲けが出ているかはともかく、リアルな経済に影響を与えていることは間違いない。Facebookはバーチャルで完結していることがほとんど。バーチャルギフトの購入などで販売収入を得てはいるが、巨額のお金を動かせるほどの仕組みは持っていない。

何がいいたのかというと、MySpaceが世界一のSNSでなくなっても、音楽を中心としたお金を回す仕組みがある限り衰退しているとはいえないことだ。最近はFacebookの快進撃の陰にやられているような印象を受けるが、実体経済をからめるとMySpaceの方がまだ強いのではないだろうか。MySpaceは会員数やアクセス数だけでサービスを評価する世界から、実経済へのインパクトの大きさでサービスの実力を測定すべきかもしれない。インターネット人口がまだ増えていることを考慮すると、まだまだMySpaceが伸びる余地はある。

一方、日本ではどうだろうか。日本では日本語版MySpace(マイスペース)がサービスを展開しているが、mixiやGREEにはまだ遠く及ばない状況のようだ。もちろんマイスペースは日本でも音楽を中心としたサービス展開をしている。たむらぱんのようにマイスペースからメジャーデビューしたアーティストも出てきており、CD売り上げなどに貢献しているようだ。じわじわとだが日本の音楽産業にも影響を与えている。

iPod登場以来、音楽はネットで購入するものと思っている人が増えていると思う。そのような人が増えれば、アーティスト情報はマイスペースで入手して、楽曲はiTunesで購入というパターンが出来上がるかもしれない。そもそもマイスペース内で楽曲を購入できるようにもなるだろう。

そして、音楽関連産業との提携も始まっている。マイスペースはJ-Waveと提携し、若いアーティストを紹介する番組を放送する。また、東京ニュース通信社とも提携し、新雑誌「MySpace From JP.(マイスペース フロム ジェイピードット)」を2009年5月に創刊する。さらに、エンタテインメントプラスは、マイスペースに登録しているアーティスト向けに、チケット販売サービスを提供する。

音楽が嫌いな人はいない。MySpace(マイスペース)が音楽を中心とする限り、人が離れていくことはないだろう。MySpaceはいいポジションを手に入れたと思う。



◎関連記事


posted by やすお at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | SNS一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Facebookはまだ日本で受け入れられる段階ではない
Excerpt: 以前に投稿した「MySpaceはFacebookと異なる道を歩む」では、MySpaceが持っている競争優位性について書いた。MySpaceは音楽産業を見方につけているから大丈夫というわけではない。実は..
Weblog: ネット雑記 ~3年後のネットが見えるかも~
Tracked: 2009-01-29 03:45



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。