2010年06月08日

開発者向けイベントが盛り上がるのは強い企業の証拠

もうすぐアップルの開発者向け会議「WWDC 2010」でキーノートスピーチが始まる。日本時間の2010年6月8日の午前2時だ。スティーブ・ジョブス氏がiPhone HD( iPhone 4 でしたね)の発表をするのだろう。もしかすると、iPhone以外のサプライズもあるかもしれない。あのアップルだから、あのジョブス氏だから予想ができない。

今回、新型iPhoneのテスト機がバーの忘れものとして世に出てしまったので、iPhone自体はもう新しさを感じられないだろう。なので、余計にサプライズを期待してしまうのである。

アップルという会社はハードウエアを売る会社ではない。iPodやiPhone、iPadなどすぐれたハードウエアを売っているのだが、実はiTunesとの連携が重要だったりして、ソフトウエアを含めたサービスを売っている会社なのだと思っている。ハードウエアが中心にはなってしまうが、そのハードを中心としたアップルのエコシステムをアップルが統率していることは、いろいろ意見があるだろうが、そこまでできる、しかもユーザーに受け入れられているのは見事としか言いようがない。

と、ここまで書いてWWDC 2010のキーノートまであと15分しかない。先を急ごう。

そもそもこのWWDCは「World Wide Developers Conference」の略である。AppleやiPhoneの文字は一つもなく、"地球規模の開発者会議"と訳せるほど、アップル色がない。というのはイベントのタイトルだけで、実際にはアップル色しかないカンファレンスであるのだが。

地球規模で注目される開発者向けのイベント―――。ここでいう開発者は主にソフトウエア技術者のことを指している。この開発者が元気なプラットフォームは力強い。当然と言えば当然で、すぐれたハードウエアがあってもそれを動かすソフトウエアがなければ何も付加価値を生まないからだ。アップルの開発者会議が盛り上がるということは、アップル製品をプラットフォームを中心としたビジネスが盛り上がることを意味する。説明するまでもないが、アップルの成功は先進的なユーザーと開発者によって支えられていると思う。

では、アップル以外はどうなっているかというと、開発者向け会議で元気なのは、GoogleとFacebookなのかなあと思う。Googleはクラウドとスマートフォンの分野で開発者の注目を浴びている。Facebookはソーシャルグラフを利用したソフトウエアという次世代のソフトウエア利用環境を提示している。

やはり開発者会議が盛り上がる企業は元気だなと思う。一方、昔元気だったのはマイクロソフトだ。今のWWDCのような盛り上がりを見せていたマイクロソフトの開発者向け会議だが、今はイベントの名前を忘れてしまうほど注目されなくなった。昔はビル・ゲイツ氏が何を話すかがニュースになっていたが、今ではマイクロソフトのトップが話すことが影響を及ぼす範囲は狭くなっている。

というところで、あと2分でWWDCのキーノートが始まる。ブログはこのへんにして少し、キーノートを見ようと思う。英語分からないけどね。

posted by やすお at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年06月02日

Facebookで日本人ユーザーが増えているのかな

私にFacebookでの友達申請を送っていただく人が増えています。Facebookが徐々に普及してきたのでしょうか。この時期にFacebookが盛り上がるのがよく分からないのですが、まあよしとしましょう。

Likeボタンをブログに設置する人も増えています。私のブログの過去記事を参考にしている人も何人かいらっしゃいます。Facebookのソーシャルグラフを活用しようと考えている人が増えていくのが楽しみです。Facebookに近い存在である日本のmixiにもLikeボタンのようなものがあると日本のSNSも楽しくなるのになあと感じます。

今回も何が言いたいか分かりませんね。あまりにも友達申請(フレンドリクエスト)が多くて承認しきれなくなっているので、この場を借りて状況を報告したかっただけです。「まだ承認してもらえないのかな」などと思っている方がいらっしゃいましたらごめんなさい。そんな事情ですので、もうしばらくお待ちください。

そして、懲りもせず自分のプロファイルページを紹介しておきます。すぐに返事を返せないかもしれませんが、運が良ければすみやかに反応します。そうだ、Twitterのアカウントもさらしておこう。

◎Facebookのプロフィールページ
http://www.facebook.com/yasuo
◎Twitterのタイムライン
https://twitter.com/yasuo110
タグ:Facebook


posted by やすお at 02:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Facebook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年06月01日

iPadは先進的な製品なのだろうか

ガジェットが好きな方には説明の必要はありませんが、アップルのiPadが日本でもとうとう発売されました。個人的には購入を見送るのですが、iPadがなぜ人を魅了するのか分からないので、もやもやしながらも思うところを徒然なるままに書いていこうと思います。読みづらくなることを覚悟してください。何を言っているのかさえ分かりづらいかもしれません。

まず、このiPadを一言で表現しようと思ったのですが、大きなiPhoneと言っても電話をするための機器ではないし、タブレット型パソコンと言うのもはばかられる。スマートフォンとパソコンの中間に位置する製品と言われることがあるが、それはいったい何なのだと突っ込みを入れたいところだ。

電子書籍を読むための機器と紹介されることもあるが、これはiPadで動くアプリケーションの1つを紹介したにすぎない。iPad自体は汎用性があり、特定の用途で使われるものではないからだ。

■新しいジャンルなのだが、どこか見たことある


説明しにくいということは新しい製品ジャンルなのだろう。今後、同じような製品が登場したときは、iPadのような○○という紹介のされかたをされることになる。それだけオリジナリティが高いのだと思う。

だけど、どこかで見たような気がする製品のようにも思える。用途を特定しない汎用性から考えると、従来のノートパソコンやタブレットPCと同じ位置付けの製品に見える。実際に、ノートパソコンの替わりに使う人は多いだろう。メールが使えて、ちょっとした文書を書けるのであれば、それはこれまでノートパソコンが担ってきた用途である。

画面を直接さわって操作する部分に目を向ければ、それこそマイクロソフトが何度もトライして失敗してきたペン入力型パソコンがある。最終的にはタブレットPCとして進化したやつだ。個人的には、タブレットPCがiPadに最も近い製品だと思っている。操作方法や用途が似ているからだ。だから、どこかで見たことがあると感じるのだろう。

タブレットPCとiPadの違いは、人が欲しいと思ったかどうかだ。iPadは全世界でヒット商品となった。一方、ヒットしたタブレットPCなんて聞いたことがない。Webブラウザを使うだけならiPadもタブレットPCも大差ないと思う。文書作成については、Officeがそのまま使えるタブレットPCの方が便利なように思える。

私が考えるiPadの用途と、iPadの購入者が想定している用途と異なっているのだろうか。正直なところ。iPadユーザーが何を求めて、購入に至るのかを想像できないでいる。

最終的には、アップルというブランドがiPadを購入させているだけではないのだろうかと考えるようになった。つまり、製品自体はイノベーションをおこすものではなくて、iPod touch/iPhoneの成功によって、その延長線上にありそうなiPadに対して人々が何らかの期待を抱いたという仮説である。「アップルだから何かやってくれる」「iPhoneはいい製品だからiPadもいい製品に違いない」と思ったから、たくさんの人がiPadを買い求めたのではないだろうか。

■iPadの本当の使い方は?

冒頭でも書いたが、私はiPadの購入を見送った。もしかしたら次のモデルか次の次に出てくる機種であれば買ってしまうかもしれない。ただし、スマートフォンの購入でXperiaを選んだように、通信キャリアの関係で、iPadではなくAndroidベースのiPadもどきを購入するかもしれない。NTTドコモからそのような製品が出ていれば。

つまり、自分がiPadのような機器に対して求めることがはっきりすれば、もう少し具体的に言うと、Webブラウザが使えて、Gmailができて、地図を閲覧できて、ブログ程度のテキストを入力できれば、必ずしもiPadである必要はないわけだ。書いていて、自分がiPadを使う理由がどんどんなくなってくるのを感じる。

使う目的を明確にしていくと、iPadという製品がなぜ人を魅了するのかがさらに分からなくなってくる。私は新しいコンセプトの製品に対して、何か重要なことを見落としているのかもしれない。

実際にiPadを見る機会があったのだが、iPhoneアプリが大きな画面で動いているくらいにしか見えなかった。私の想像力が欠如しているだけなのかもしれないが。

ただ、iPhoneの存在を改めてみると、iPhoneの登場により、スマートフォンの常識が変わったように思う。物理的なキーボードが付いているのが主流であったスマートフォンを、タッチで操作するものへと常識を変化させたのがiPhoneだったと思う。Xperiaを代表とするAndroid端末もiPhoneという先輩があったからこそ生まれたものだと思っている。

そういう意味では、iPadがもしかするとノートパソコンの常識を変え、タッチで操作するものを主流にさせていくのかもしれない。それはマイクロソフトがタブレットPCでできなかったことである。iPadは機器の常識を変えていく原動力となるのだろうか。判断は2年後か3年後になってしまうが、パソコンメーカーの動向をウオッチしておいた方がいいかもしれない。

さて、今回はここまで。
いつも以上にぐだぐだになってしまった。ほぼ上から順番に書いて推敲もなしだから読みにくかったと思います。ほとんどテキストのUstreamみたいになってしまったから。

ということで、ここで失礼します。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。