2010年05月26日

TwitterやFacebookがインターネットになる日

なにやら日本でもFacebookがじわじわと普及しているようです。とりあえず登録している人が圧倒的ですが、小さいながらもコミュニティを形成していくのではないでしょうか。ここでいう"小さい"はあくまでも日本国内の話です。ワールドワイドの視点ではFacebookはとてつもない力を持ちます。

さて、FacebookのLikeボタンを一般のWebサイトでも使えるようになりました。この事実はこのブログでも取り上げています。小さなボタンですが、考えようによってはインターネット(正確にはWeb)を根底から変えてしまう力を持っているのではないかと思い始めました。

WebはハイパーリンクでWebページをリンクしていく仕組みです。Webページは情報ですから、Webの登場により、情報と情報をつなげることで新しい情報を生み、関連した情報はリンクをたどることで入手するという情報の入手方法を劇的に変化させました。

このWebという仕組みは便利に違いないのですが、あくまでも情報を整理したに過ぎません。極端に言ってしまえば、図書館で書籍が分野で分類されていることと変わりありません。そういえば、インターネットを大きな図書館と表現することは(インターネット歴において)大昔によくありましたね。結果的に、かつて情報洪水と言われたほどにインターネットで流通する情報は膨れ上がりました。人間が処理できなくなるくらいです。

巨大な図書館から必要な情報を引き出すためにGoogleなど検索エンジンの重要度が増しました。しかし、検索エンジンは大量の検索結果を返すだけで、本当に必要なものを提示できるかというと疑問が残ります。

■情報のつながりから人のつながりへ

人間が処理できなくなった情報をどのように整理するのか―――それが課題になりました。結論から言うと、人間と人間のつながりが情報の整理とリコメンドの仕組みとなりました。つまり、自分と関係する人が自分に必要な情報を教えてくれるというものです。ソーシャルWebの時代がやってきたと言っていいかもしれません。情報のつながりが付加価値を生んだ時代から、人のつながりが付加価値を生む時代になっていきそうな感じです。

Googleなどの検索エンジンは相対的に重要度が低くなっていきます。替わって台頭してきたのがSNSです。日本ではmixiが大手ですが、ワールドワイドではFacebookが圧倒的な存在感があります。そのSNSで構築したソーシャルグラフ内を流通する情報がもっとも信頼でき、役に立つ情報になりつつあります。Twitterも情報流通というインフラという観点で優れています。ゆるいソーシャルグラフではありますが、流通する情報量はFacebookで流れる情報よりも多いと思います。また、ゆるいソーシャルグラフであるがゆえに、自分にダイレクトに関係する情報だけでなく、もう少し外側の情報も入ってくるのが特徴です。

■インターネットって何?

根本的な疑問があります。インターネットとは何でしょうか? 技術的な定義やビジネス的な定義などあるでしょうし、人それぞれで解釈も異なるだろうと思います。

ここでは、コンピューターシステム(携帯電話を含む)を使った情報流通のインフラと捉えます。そうすると、これまでWebページの集合体がインターネットの多くを占めていたわけですが、SNSの登場により、ソーシャルメディアがインターネットになったと考えていいのかもしれません。もちろん、これは私個人の意見なので、異論があることは承知の上で書いています。

言葉を変えると、「インターネット」という単語から想像するものは、これまではWebサイトでした。もちろん私の認識ですが、このように思うのは少数派ではないと思います。もちろん、人によってはメールと答える人もいらっしゃるでしょうし、FTPと答える人もいらっしゃるかもしれません。

3年後にはインターネットを代表するものは何になっているのでしょうね。現在ではパソコンでインターネットをすると言うと、Webサイトの閲覧かメールでのコミュニケーションを示すことが多いです。これが、「インターネットする」という行為がTwitterやFacebookで情報をやりとりすることを示すのが一般的になるかもしれません。

もちろん、人と人とのつながりが情報流通のインフラになったその先には、別のものが生まれてきます。インターネットの歴史の中で生じる変化の1つなのですが、数年後はソーシャルWebがインターネットと認識されるのかなあと思うわけです。

少し長くなりました。
今回はここで失礼しようと思います。

最後に近況を。

今回は久しぶりのブログ更新です。書きたいことはあったのですが、それ以上にAndroidが面白くて...、いろいろ勉強してしまいました。Android携帯はクラウドサービス(主にGoogleですが)と本格的に連携した携帯電話です。いろいろ調べていると、ものすごい将来性を感じます。もちろん、iPhoneも同じくらい将来性があるのだとは思いますが、よりオープンなAndroidがイノベーションを起こすことを期待したいです。

と、Androidのプログラムを書いていて感じました。

posted by やすお at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月14日

FacebookのLikeボタンをブログに付ける手順をもう少し詳しく書いてみた

すでに「ブログに"Like"ボタンを付けました」で触れていますが、このブログにはFacebookのLikeボタンを設置しました。"Like" ボタンと書きましたが、Facebookのログイン状況が異なると、"いいね"と表示されているかもしれません。

少し前ですが、ブログにLikeボタンを設置できないという質問を受けましたので、そのやり取りで分かったことをメモとして残します。

その前に、Likeボタン設置手順のおさらいです。

まず、下記「Like Button - Facebook Developers」をご覧ください。英語で書いてありますが、自分がするべきことは画面の下の方にある入力フォームに適切な項目を入れることだけです。

Like Button - Facebook Developers
http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like


適切なデータを入力して「Get Code」ボタンを押すと、iFrameを使ってLikeボタンを表示するためのHTMLコードが生成されます。URL to Likeにブログのトップページを入力するとブログのトップページに設置するHTMLコードが生成されるわけです。

ブログ全体であれば、上記で生成したコードがそのまま使えます。表示させたい位置に生成されたコードを埋め込むだけです。ただし、個別記事にLikeボタンを付ける場合は、少し細工しなければなりません。基本的には、生成されたコードの「href=」の値を個別記事のURLに変更すれば大丈夫です。念のため、href=に設定する値はHTMLエンコードした方がいいでしょう。

ブログのカスタマイズ方法については、ブログの運営会社に問い合わせるか、自分で調べるなどしてがんばってください。


■ボタンを設置できないブログサービスがある

注意すべきは、お使いのブログサービスによってLikeボタンの設置ができないことです。例えば、iFrameを禁止しているサービスではLikeボタンを設置できません。知っている範囲ではアメブロがiFrameを禁止しているので使えないようです。

また、LikeボタンはiFrame版以外にもFBMLというFacebook独自の言語で実装できるのですが、こちらはiFrame版より難しそうです。JavaScriptを使うことになるので、ブログサービスによってはiFrameと同様に使えない可能性があるサービスがあります。

幸いにも私が使っているSeesaaブログはiFrameも使えるので、いろいろ試せます。iFrameとJavaScriptが禁止されているブログサービスをお使いの方は、残念としか言いようがありません。Seesaaのようなブログサービスに移行するという手があるかもしれませんが、Likeボタンのためにブログを移行するのは本末転倒なので、私からはお薦めしません。

さて、Likeボタンの設置はiFrame版だけではなくFBMLで実装する方法もあります。この場合、JavaScriptコードなどを書かなくてはならず、手順が複雑になります。ブログ上できれいに表示しようと思うと、FBML版の方がいいとは思うのですが、自分がFBMLを理解していないので今回は見送っています。いつかは挑戦したいなと思います。

とりあえず今回はここまで。

posted by やすお at 02:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | Facebook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月08日

AndroidとJavaに挑戦中

せっかくXperiaを買ったので、何かアプリケーションを作りたくなりました。自由度が高いAndroidだし、開発環境は無償で入手できるので、プログラミングを勉強するにはいい題材かなと思います。ちょうど作ってみたいAndroidアプリケーションのアイデアはいくつかあるので、今さらながらプログラミングに挑戦です。

プログラミング自体はまったくの素人ではないのですが、なにせ自分の趣味でしかプログラミングをやったことがありません。しかも、取り組んだことがあるプログラミング言語は、8ビットパソコンの時代のBASICと大学時代に必要だったFORTRANとC言語、それに興味本位でかじってみたRubyくらいです。正直なところ今となってはとても"使える"とはいえないスキルレベルです。

BASICとかFORTRANと書いている時点ですでにお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、私はオブジェクト指向というものをまともに勉強したことがありません。あえて言うならRubyを少々というところですが、とても胸をはってオブジェクト指向を知っているとは言えません。

そして、最大の難関がAndroidアプリケーションの開発に使うプログラミング言語がJavaだということ。Javaというプログラミング言語があることは知っているけど、コードを書いたこともなければ、まともにコードを読んだこともありません。そんな状態でAndroidアプリケーションの開発なんて笑っちゃうくらいおかしいのですが、そこは根っからの理系の私です。挑戦したくなっちゃたのです。登山家が山を登る理由に「そこに山があるから」と言いますが、私の場合は「そこにAndroid端末と開発環境があるから」といった理由になります。

さて、現在の状況です。入門書を読んでいるところです。JavaとAndroidの入門書です。自分で言うのも何ですが、私が読んでいる本は入門者にとって分かりやすい内容になっています。結構いい本を選んだ気がするので、今回はその本を紹介します。

まず、私が読んだのはAndroidの入門書『入門Google Androidプログラミング』です。開発環境の構築方法から、具体的なアプリケーションの開発方法まで、幅広いのですが説明が丁寧で分かりやすいのです。逆に、androidアプリケーションの開発を少しでもかじったことがある人にとっては物足りないかもしれません。入門書はとにかくAndroidの世界観を知るとっかかりができればそれで問題ないと思います。

しかしですね、この本に登場するサンプルプログラムは当然のことながらJavaで書かれてます。Javaの経験がある人には、なんてことはない簡単なコードなのでしょうけれど、Javaを知らない人にとっては、サンプルプログラムを読むのが苦痛になってきます。もちろん、入門書なのでJavaにあまり詳しくない人でも読めるような配慮はあります。それでも限界はありますけれど。

そんなわけで、Javaのことを知るために、Javaの入門書を読むことにしました。私が購入したのは『やさしいJava 第4版』です。なんとなく定番の入門書なのかなと感じたので買ってみました。Javaの書籍はたくさんあるので、どれを選んでいいか迷いますが、本屋さんで少し内容をみて、易しすぎるかなと思うくらいの書籍を探すことにし、先の書籍を購入するに至りました。

やはりJavaのことを少しでも知ると、Androidの書籍も読みやすくなります。Androidの書籍のサンプルプログラムで、まったく理解できないところがあったのですが、Javaの本を読んで解決しました。プログラミング関係で新しい知識を得るためには1冊の本では不十分なのだなと感じました。

とりあえず、今回は現在取り組んでいることのご報告です。AndroidとJavaの勉強がはかどれば、このブログでも開発したアプリケーションの紹介ができるかもしれません。早くても1年後くらいでしょうけれど。それまでに自分が飽きてしまうことの方がこわいです。

とりあえず、今回はここまで。










2010年05月01日

ブログに"Like"ボタンを付けました

Facebookで使われている機能が通常のWebサイトでも使えるようになりました。Facebookが公開した機能はいくつかあるのですが、私のブログには"like"ボタンを付けました。日本語版では"いいね"と表示されます。私のブログでは、記事の終わりに付けました。見てもらうとどんなものか分かるでしょう。

Like(いいね)ボタンは、前からFacebookにありました。フレンドが投稿したコンテンツを面白い、興味があると思えば気軽にLikeボタン(いいねボタン)を押して、自分の気持ちを表現することができます。コメントを残すほどではないけれど、自分が"面白いと感じたこと"は伝えたいといったシチュエーションなどで使います。

これがFacebook以外のWebサイトで使えるようになったのです。例えば、私のブログにあるLike(いいね)ボタンを押すと、Facebookにログインしている人であれば、FacebookのニュースフィードにLikeボタンを押したことが表示されます。ニュースフィードに出てくると言うことはフレンドが見る可能性があることを意味します。これは、レコメンデーションの仕組みといえるのではないでしょうか。

個人的には、Likeボタンを外部に公開したことで、Webの世界ががらりと変わる可能性があると考えています。コンテンツ中心のWebから人が中心となるWebになると思います。これは、ソーシャルWebの具体的な姿ではないかと、小さなLikeボタンに大きな想像を働かせています。本当のソーシャルWebの時代がくる予感がします。

■Facebookはソーシャルメディアの最先端


Likeボタンを提供したのがFacebookだということも気にする必要があります。今のところFacebookは世界最大のソーシャルネットワークです。そのようなサービスが外部と積極的に提携しているわけです。外部のサービスを使ってFacebookでのコンテンツとFacebookへのトラフィックを増やしているようにも見えます。

少し見方を変えてみましょう。FacebookのLikeボタンを設置するサイトが増えれば増えるほど、人はFacebookに集まるようになります。Likeボタンを押すことでフレンドに通知できるわけなので、直接ではなくてもFacebookに訪れたと考えていいと思います。極論すると、WebサイトはFacebookの方を向いてしまうことになり、Facebookの中にいればフレンドがリコメンドする良質なコンテンツを閲覧できることになります。GoogleでWebサイトを検索できなくても、WebとはFacebookのことを示すと言う時代がくるかもしれません。

一方、日本でのFacebookはそれほど普及したものではありません。相変わらずmixiが強いようですが、ワールドワイドで考えると、ローカルSNSの1つでしかありません。さらにmixiは外部サイトとの連携という点でFacebookの後塵を拝しています。Facebookとmixiには1周遅れくらいの差があると思います。

もし、このブログの読者の方で、将来のソーシャルメディアの姿をウオッチしたい方がいらっしゃいましたら、まずFacebookに登録することをお勧めします。そして、何人かとフレンドになってください。フレンドがいないと、単につまらないサービスになってしまいます。最低でも10人のフレンドがいれば、なんとなく次世代(欧米にとっては現世代)のソーシャルメディアが分かると思います。

ちなみに、私のFacebookのプロファイルページは、画面右のどこかにFacebookのバッジやリンクを記載しています。そこからフレンド申請してみてください。私もすぐに返せないかもしれませんが、よほどのスパム行為をすることがないかぎり受け入れたいと思います。もちろん、私のプロファイルページがつまらなかったら、他の人とフレンドになってください。その方がお互いが幸せになりますから。

では、今回はここまで。

posted by やすお at 03:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Facebook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。