2009年12月22日

つぶやきこそコミュニケーションの基本なのでは?

久しぶりのブログ更新です。これまで忘年会などでずっと飲んでいましたので、まったく更新できませんでした。楽しみにしている方には申し訳ないです。といいつつ、Twitterでは相変わらず書き込みをしているわけで、何かを発信することに疲れているわけでもありません。

なかなか本題に入らないのがこのブログの特徴なのですが、今回は時間もないのでさっくりと、日ごろ思っていることを書きます。テーマは、最近はこればかりですが、マイクロブログです。

マイクロブログ(ミニブログともいう)の代表的なものがTwitterです。140文字程度の短い文章を投稿することでユーザーとコミュニケーションできるサービスです。日本でも、Amebaなうが始まり最近は話題になっています。Amebaなうはマイクロブログとは違うかなと「Amebaなうはマイクロブログなのか疑問に思った」で書きました。ただし、根底には短い文章でコミュニケーションする部分は同じです。

今回はこの短い文章というものにフォーカスしたいと思います。

まず、マイクロブログは"ブログ"という文字が入っているので、いわゆる普通のブログと似たサービスであると思っている人がいます。正確に定義するのが難しいのがマイクロブログなのですが、私はコミュニケーションツールだと考えています。なので、ブログのように情報発信が主目的ではなく、他のユーザーとからんでいくのがマイクロブログの使い方だと考えています。

コミュニケーションは情報のやりとりです。情報を発信する人がいて、情報を受け取る人がいる、そういう関係があるところで発生します。

コミュニケーションの代表的なものは"会話"かなあと思います。ここからちょっと強引になるのですが、会話をするシーンを思い出してください。相手に話をするときにどれくらいの文章量で話すのかと。話好きな人はいますが、ディスカッションなど情報をキャッチボールするときは、(測定したことはないですが)140文字程度の短い文章で会話しているのではないでしょうか。

かなり強引になりますが、短い文章のやり取りで会話(コミュニケーション)が成立するのであれば、Twitterがあれば、ディスカッションから一方的な情報発信までいろいろ対応できるのではないだろうかと思いました。マイクロブログで発信するストリーム(ライフログ)が会話の要素となり、他者とコミュニケーションする。そんなことができるようになるのではないかと。メールを何回もやりとりするのではなく、マイクロブログ上でつぶやきを何回もかわす方がコミュニケーションとしては効率が良いのではないかと思うのです。もちろん、向き不向きなんかもあるでしょうけれど。

Google Waveなんかはそんな世界を作ろうとしているのかなと思ってみたりします。とにかく、新しいコミュニケーション手法がマイクロブログによって生み出されるかもしれません。人類の意識を変える必要がありますけれど。

では、今回はここまで。
まとまりがなくてすいません。

posted by やすお at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitterなどミニブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月11日

Amebaなうがパソコンから使えるようになった

携帯電話でのサービスを先行したマイクロブログ(ミニブログともいう)サービス「Amebaなう」ですが、パソコンでも使えるようになりました。12月16日の予定でしたが、かなり早くリリースできたようです。Twitterでの書き込みしか見ていませんが、パソコン版がリリースしたらAmebaなうを試してみるとつぶやいていた人をちらほら見かけたので、そのような声も拾ったのかもしれません。

さて、Amebaなうについては、前回の記事「Amebaなうはマイクロブログなのか疑問に思った」でいろいろ書きました。パソコンで使えるようになったからと言って印象が変わるわけでもありません。パソコン版ではもう少し高度なことができるのかなと期待しましたが、まだのようです。まあ、しばらくしたら様々な機能が追加されているのでしょうけれど。

マイクロブログサービスはいつでもどこでも簡単に使えることが評価されます。そんなわけで、パソコン版よりも携帯電話で使うケースの多いのではないかと重います。携帯版を先にリリースしたのもミニブログ戦場が携帯電話になることを予想してのことでしょう。

とにかく、Amebaなうは始まったばかり。Twitterと異なる進化を遂げる可能性は大いにあります。もう少し長い目でいようかと思います。

ちなみに、私のAmebaなうアカウントは下記です。Twitterほどはつぶやかないと思いますが、よろしければフォローしてみてください。

◎Amebaなうアカウント
やすお

では、今回はここまで。

posted by やすお at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitterなどミニブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月09日

Amebaなうはマイクロブログなのか疑問に思った

2009年12月8日、サーバーエージェントはマイクロブログ(ミニブログともいう)サービス「Amebaなう」を公開しました。12月8日現在、携帯電話向けのサービスのみの公開ですが、12月16日にはパソコン版も公開される予定です。

マイクロブログの最大手は米Twitter社が提供するTwitterです。AmebaなうはTwitterを研究し、その結果、非常によく似たコンセプトのサービスになってしまいました。140文字以内のつぶやきを投稿するサービスであるところ、通常のSNSと同様に相互のOKがなくても、フォローすることで他人のつぶやきを見られるようになるのは、Twitterと同じです。AmebaなうはアメーバIDを持っていればすぐに使えます。

■AmebaなうはMySpaceに近いかも


Twitterに似ていることで批判を浴びていますが、少し触ってみるとTwitterとは異なる部分も見えてきました。まず、アメーバのサービスの特徴ですが、芸能人を活用していることです。Amebaなうの著名人の投稿を集めたサイト「芸能人なう」もAmebaなうと同時に立ち上がりました。いかにも「芸能人をフォローしてね」というサイバーエージェントの声が聞こえてきそうです。

AmebaなうはアメーバIDを持っている会員同士のコミュニケーションのお手伝いをするかもしれません。ただし、それは副次的なもので、運営側が狙っているのは、アメーバ会員がより多くの著名人をフォローすることではないでしょうか。そして広告や物販で儲けるパターンでしょう。

実はこの仕組、MySpaceの仕組みに似ているなと感じました。MySpaceはアーティストとフレンドになれるSNSです。アーティストは自分の楽曲を聴いてもらうために、たくさんのMySpace会員にフレンドリクエストを出します。会員は音楽を気に入ればフレンド承認するし、自分の好みの音楽を探してフレンドリクエストをアーティストに出すこともあります。

MySpaceはSNSではありますが、フレンド承認は気軽に行います。「相手のことがよく分からないからフレンド承認しない」という文化ではありません。どちらかというと、よほど気に入らなければフレンド承認するというスタンスで利用している人が多い感じです。その結果、芸能人を頂点にした1対多のつながりになりがちです。

Amebaなうも芸能人とリレーションを構築できるという意味でMySpaceに似ています。これは私の予測ですが、Amebaなうでは、芸能人が日頃のなにげないことをつぶやき、それを大勢の一般ユーザーが楽しむという構図になると思います。情報の流れが芸能人から一般ユーザーへというほぼ一方通行であるところがMySpaceに似ています。結果、芸能人を頂点にした1対多のつながりになっていくと思います。

とまあ、いろいろ書きましたが、Amebaなうがサイバーエージェントのサービスであり、アメブロやアメーバピグといったサービスと連携していくようになると、また違う特徴が出てくるかもしれません。

将来も含めて考えると、TwitterとAmebaなうは異なるサービスなのだなと分かります。個人的にはTwitterの方が好きですけどね。Amebaなうは気になる人が使い始めたら使い出すと思います。

では、今回はここまで。

◎参考リンク


posted by やすお at 01:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | Twitterなどミニブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月05日

グーグルは言葉の壁を崩せるのか

最近のグーグルの動きは面白い。最近という書き方はあまり正確ではない。いつもエキサイティングではあるが、最近はいつもよりいっそうエキサイティングなだけなのだ。先日も日本語入力ソフトのGoogle日本語入力のベータ版をリリースし、パソコン用OSのChrome OSと組み合わせることで、ITの盟主の座を確固たるものにしそうな勢いだ。

ちょっと待て。グーグルのミッションはIT分野の盟主になることではない。グーグルのミッションはご存知の人も多いかもしれないが、「世界中の情報を整理すること」である。検索機能も地球上の知識を整理して人類が役にたつように整理するものだ。Book Searchで書籍を検索できるようにスキャンしているのも同じ理由だ。

そして、今回は翻訳機能についてである。2009年12月3日に発表した「Translated Search」では、入力されたキーワードを翻訳してWeb検索する機能を提供する。必要な情報が日本語以外の言葉で記述されていても、探し出すことが可能になる。グーグルによる言葉の壁を超えるチャレンジではないかと思う。

実は、翻訳関係の機能はすでにいくつか公開している。記事の最後にまとめて紹介しようと思う。

世界中の知識を、言語の境なく利用できるようになるのは歓迎すべきことだと思う。問題は翻訳精度であったり、使い勝手の部分だったりするだろう。これらは技術の進歩で解決可能ではないかと楽観的に思っている。まあ、時が解決すると思っている。

ベルリンの壁は人民が破壊した。言葉の壁はグーグルが破壊するのだろうか。それとも、バベルの塔を建設したために神の怒りをかい、異なる言葉を話さなければならなくなったように、グーグルはただバベルの塔を建設しようとしただけになってしまうのか。長いスパンで見なければならないが、個人的には言葉の壁はそろそろ撤廃できるのだったらしてほしいと思っている。神様もそろそろ許してくれないだろうか。

◎参考記事


posted by やすお at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月04日

Google日本語入力はChrome OSの標準機能になるのだろうなあ

2009年12月3日、グーグルは日本語入力ソフト「Google日本語入力」をベータリリースしました。日本語で文字を入力するのに必須のIMEですが、このソフトをGoogleが開発する意義は何でしょうか。

早速インストールして使ってみました。正直なところ悪くないなと思います。このブログもGoogle日本語入力を使って書いています。速度も申し分ないし、変換精度も悪くないです。辞書の学習が進めば、MS-IMEを性能面ですぐに超えてしまいそうな感じです。

グーグルの公式ブログ「思いどおりの日本語入力 - Google 日本語入力」では、グーグルの中では傍流のプロジェクトのように紹介されています。グーグルではエンジニアの勤務時間の20%を自由に使うことができます。その中で生まれたプロジェクトとされています。将来はグーグルの正式サービスに昇格するかは不明ですが、私は正式プロダクトになると思います。

なぜなら、Googleが開発中のChrome OSに必要な機能だからです。これも想像の範囲でしかありませんが、Google日本語入力はChrome OS日本語版の標準IMEになると思います。やはり日本版のOSには日本語入力機能が不可欠です。Chrome OSはオープンソースプロジェクトですから、Google以外の人や企業が開発しても構いません。とはいえ、現実的には標準のようなものが必要でしょう。Windowsに例えると、OSの標準機能としてMS-IMEが備わっているが、サードパーティーのATOK(ジャストシステム)もあり、ユーザーが好みで選択できる状態にするのかなと思います。

IMEのように使用機会が多いソフトは、まさに手になじむものが求められます。グーグル日本語入力を万人に薦められるかと言われると難しいところです。でもまあ、試してみる価値はあると思います。無料ですし、使いにくいなと感じたらアンインストールしてしまえばよいだけです。

私はMS-IMEをメインに使っていますが、Google日本語入力にはスムーズに移行できました。自分で登録した単語なども、MS-IMEからエクスポートして、Google日本語入力にインポートできます。次世代のIMEとして使えるか試す価値はあります。機能改善などを受け付けるWebページもあるので、何かあれば報告してみてもいいかと思います。そこで議論されたことが正式版に実装されることもあると思います。

では、今回はここまで。
タグ:google IME


posted by やすお at 00:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | IT業界動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月03日

Facebookのプライバシー設定機能が変わるようです

Facebookにログインすると、CEOのMark Zuckerberg氏からのオープンレターが表示されていました。どうやらプライバシー設定のやり方を変更することを考えているようです。

英語の文章なので正確に内容を捉えているか分かりません(間違っていたらご指摘ください)が、情報の公開範囲を設定する方法を変更するようです。これまで、基本的にはNetworksという項目で情報の公開範囲を決めていました。Networksには国籍や住んでいる地域、学校名、会社名などを設定できます。

現在のNetworksなのですが、おせじにも使いやすいとは言えません。私も会員登録したときに「Japan」と設定してから変更していません。Facebook側もNetworks機能が使われていないことを知っているのでしょう。そこを改良するつもりのようです。どのように変更するのかはまだ議論中です。反映時期も決まっていないと思います。

個人的に、Facebookはプライバシーに対してものすごく神経質になっていると感じています。これは過去にFacebook Beaconの導入でユーザーから強烈な反対を受けました。Facebook Beaconは外部のサイトで買った本や観た映画などをNewsフィードに流すことができる機能です。これが無駄にプライバシー情報を公開してしまうことになるとして反発をくらったわけです。この騒動以来、プライバシー問題には慎重になっています。

今回のプライバシー設定変更でFacebook Beaconに再トライするのかもしれません。どうなるか分かりませんが、ユーザーの利便性だけは下げてほしくありません。とはいえ、知られたくない情報は保護したいです。これらをすべて実現することは難しいのかもしれませんが、Facebookはがんばってくれると期待したいところです。

今回は特に内容はありませんが、将来的に大きな変更がFacebookになされると感じています。SNSはユーザー情報を持っていることがビジネスのネタになります。これらを安全に利用することで、ユーザーも広告主も満足させなければなりません。ここではうまく書けませんが、全ソーシャルメディアのお手本になるような仕組みを公開してほしいものです。

では、今回はここまで。

posted by やすお at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Facebook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月01日

Twitterの有料化の話は基本的に誤報でした

先日の投稿「有料のTwitter、なんか違う気がする」で、Twitterが課金システムを用意していることを取り上げました。結論から言うと、これは誤報です。米Twitter社とパートナーシップを組んでいるデジタルガレージという会社もプレスリリースで否定しています。

DGモバイルが企画しているサービスをTwitter本体の機能として捉えたことが誤報の原因になったようです。DGモバイルはデジタルガレージという会社の子会社なので、ITmediaはDGモバイルが日本でTwitterを運営していると勘違いしたのでしょう。ITmediaの記事でも「日本でTwitterを運営するDGモバイルが」となっています(2009年11月30日現在)。これは誤りです。

Twitter関連の話はさすがにものすごい速さで伝わっていきます。日本発のニュースが海外のメディアにまで伝わって行きました。それだけ、Twitter関連、しかも世界中で話題になっている有料コンテンツの話ですから、騒ぎが大きくなるのも仕方がないのかもしれません。

■DGモバイルはサードパーティとしてTwitterでの課金手法を示した

Twitter本体の有料化は誤報でしたが、Twitterというプラットフォーム上で課金をする仕組みは誤報ではないようです。デジタルガレージの子会社であるDGモバイルは"サードパーティ"として、Twitter上で課金する手法を明らかにしました。ITmediaの記事では「Twitterのビジネスモデルに言及」にありますが、正確には「DGモバイルという会社が考えているTwitterを使ったコンテンツ課金のビジネスモデル」といったところです。

これはこれで重要な話です。コンテンツを流通させやすいTwitterで課金システムを使えるようになれば、Twitterのエコシステムとしては歓迎すべきものだからです。

例えば、ミュージシャンがTwitterをプロモーションの場として使うことを考えてみます。Twitterでできることは、アーティストまたはアーティストの関係者がつぶやきを公開することしかできません。楽曲の購入サイトへのリンクを投稿することもできますが、楽曲を購入して決済までするには何回もクリックしなければなりません。

一方、Twitterで課金システムを使えると、決済までの手続きが簡単になります。特に日本ではモバイルでTwitterを使う人が多いと思います。モバイルでのビジネスはその瞬間に購入ボタンを押させる必要があります。つぶやきを見たらすぐに購入という流れにしたいのがコンテンツプロバイダの本音です。そのためにもTwitterで使える課金システムが必要になってきます。

■Twitterはプラットフォーム、拡張機能はサードパーティが提供するのが望ましい

Twitterの特徴として、API(Application Programming Interface)を公開し、それを使うことでサードパーティがさまざまな拡張機能を提供できるというものがあります。DGモバイルが企画している課金システムもそのような拡張機能の1つと考えていいでしょう。

Twitter本体が課金システムを用意すると、日本独自のサービスを使えない可能性があります。つまり、日本の普通の携帯電話での決済ができなかったり、PC版でもPayPalでなければ決済できなかったり、ひどければ、米国で発行されたクレジットカードでなければ決済できないといった事態になる可能性だってありえます。

結局、Twitterの周りにいるサードパーティ次第でTwitterの機能は強化さえるということ。これは課金システムだけに当てはまることではありません。このようなTwitterでマネタイズを考えている企業があることだけも重要だと思います。

では、今回はここまで。

posted by やすお at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitterなどミニブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。